30代で転職活動をしたSEの活動記です
30代でも転職できた理由

私は30代で、転職活動を開始しました。そして運良く希望通りの転職先を見つけることができました。

30代になると、転職先を見つけるのが非常に難しくなってきます。

しかし、決して不可能なことではありません。

なぜなら、自分以外にも30代で転職をする人たちがいるからです。

会社としては、そういった予期せぬ転職者のポジションの穴埋めをしなければなりません。

自社の若手を抜擢するという方法もありますが、経験不足のため安心して任せられないというケースがあるのです。

そういう時に、30代以降の経験者の求人をかけるのです。

30代以降の転職で重要な点はただひとつ、「マッチング」です。

企業側は、求める人材像を明確に持っています。

それは新卒採用の時や20代の若手採用の時と大きくことなる点です。

どう育つか分からないけどポテンシャルが高そうだから採用してみよう、ということは30代以降の転職ではほぼあり得ません。

私がなぜ30代でも転職できたのかと言えば、相手企業が求める人材像と自分が求める仕事内容のマッチング率が高かったためです。

難しいことができるとか、驚異的な業績を残していたわけではありません。

むしろ、企業によってはそういう人材を「オーバースペック」とみなして採用したがらないケースすらあり得ます。

繰り返しになりますが重要なのは「マッチング」です。これだけは覚えておいて欲しいと思います。




このように書いてしまうと、「自分は人に胸を張れるような経験をはたしてしてきただろうか?」

と不安になってしまうことでしょう。

でも、その年齢まできちんと仕事をこなしてお給料を貰ってきたのであれば、少なくてもお給料を払うだけの価値ある仕事をしてきたのです。

少なくても転職活動をするならば、そう信じこまないと先へは進めません。

このサイトが、SEとして30代で転職した経験を通じて考えたことやこれから転職をしようか迷っている人にとって参考になれば嬉しいです。

更新情報
[2013-12-05]  ..... 転職エージェントを追加しました。
[2013-12-04]  ..... SEの将来を追加しました。
[2013-12-03]  ..... PGの将来を追加しました。
[2013-12-02]  ..... 35歳定年説を追加しました。
[2013-12-01]  ..... トップページを追加しました。。
Copyright ©2013 30代SEの転職活動記 All Rights Reserved.